会社案内
会社案内

代表ご挨拶
代表ご挨拶

田中義彦の顔写真

九州ベアリング株式会社
代表取締役社長:田中義彦

 九州ベアリング株式会社 会社案内(第六版)の発刊に当り一言ご挨拶申し上げます。

 弊社は、初代 横田繁雄社長により第二次世界大戦の終戦後、疲弊した日本経済の復興の為のエネルギー源であった石炭産業向け"ベアリング"の供給を目的として昭和24年(1949年)10月に、福岡県小倉市大門町で創業されました。

 以来60年以上に亘り、ここ北九州地区を中心に日本の工業の発展とお得意様各位のご要望にお応えして取扱い品目も軸受類全般から伝動変減速機器類、油空圧機器類、制御機器類、等々と非常にバラエティーに富んだ品揃えが出来るようになりました。

 私どもは創業以来一貫して "P.T.C" 即ち・・・・
          P(Power)   : 動力
          T(Trans mission) : 伝動
          C(Control)    : 制御
の機械要素に関する機械部品の専門商社を目指して参りました。

 更に昭和54年(1979年)からは機器部品類の販売に止まらず、合理化、省力化システム一式の販売や工作機械類の販売にも多くの実績を挙げ好評を賜わっております。

 弊社は平成12年(2000年)ミレニアムを記念しパソコンによる 仕入・販売・在庫・財務の総合システム『KBX_NETシステム』を構築し、平成13年(2001年)より運用致しております。
この『KBX_NETシステム』に依りまして、お得意様各位との連繋がより密なるものになれますことを願っております。

 又、私どもは企業にとっての永遠のテーマである[迅速][丁寧][高品質][低価格]を追求し、地球環境に優しい持続可能な発展を目指して平成16年(2004年)9月にISO14001(JE0496C)を、更に平成20年(2008年)9月にはISO9001(Q1425)を取得致しました。

 我社はこの60年余の間、戦後の日本経済の転換点であったオイルショック、プラザ合意後の円高不況、バブル崩壊後の平成不況、リーマンショック、3・11東日本大震災等々の幾多の試練を受けて参りました。
しかしこの試練を乗り超えながらも、小倉税務署殿より平成10年(1998年)11月には優良申告法人の表敬を受け現在に至っております。

 平成23年(2011年)10月、弊社は50年間所属しておりました北九州卸商センター協同組合の解散に伴い本社を現在地に移転致しました。

 私どもはこの本社移転を大きな節目として、これからのアジア経済の拠点となる、ここ北九州の地にしっかりと足場を固め、全社員心機一転して、これからも地域社会に貢献できるP.T.Cの専門商社として更なる研鑽を積んで参りますと共に、それにどの様な付加価値α(アルファー)を付け加えてゆけるかを追求して参ります。

 これからもP.T.Cプラスα(アルファー)を目指して"日々新た"に一歩ずつ愚直に進んで参ります"九ベア"に尚一層のご指導とご鞭撻を賜わります様お願い申し上げましてご挨拶の言葉とさせて頂きます。 ありがとうございました。


PROFILE

  • S21年:8月20日福岡市にて誕生
  • S40年:福岡県立筑紫丘高等学校卒業
  • S44年:九州工業大学金属工学科卒業
  • S46年:九州工業大学大学院修士課程 金属工学専攻科 修了
  • S46年:東洋ベアリング製造株式会社(現、NTN株式会社)入社
  • S48年:九州ベアリング株式会社 入社
  • S53年:同社 代表取締役社長 就任 現在に至る
  • (学)啓知学園高等学校 理事
  • (社)明専会(九州工業大学)監事
  • 西日本ベアリング販売協会 会長
  • 西部NTN会(NTN) 会長
  • 九州旭会(旭精工)会長
  • オイレス軸受会(オイレス工業) 副会長
  • ゆけん会(油研工業) 理事
  • 小倉西ロータリークラブ会員
     (平成7年~8年度会長) 他